永代供養は無縁社会の必然

現在の日本では少子高齢化や核家族化が進み、お墓の供養をしてくれる人が減り続けています。


いわゆる無縁社会の中で、永代供養のサービスを提供する霊園や寺院が脚光を浴びており、今後も増加していくと考えられます。永代供養とは本来、子孫が未来永劫にわたって先祖の霊を供養することを言います。



ただし霊園や寺院で永代供養というときは、必ずしも永遠という意味ではありません。

オリジナリティに富む東京の永代供養の欲しい情報が手に入りました。

一般的には3年、10年、50年などの期間を区切り、その間は骨壷を納骨壇などに安置しますが、期間が終われば合祀という形で土に還すのが普通です。

もちろん、場合によっては最初から合祀となることもあります。

供養の方法も寺院によってまちまちです。

OKWaveに関する疑問にお答えします。

毎年の彼岸やお盆に合同供養のみを行なう場合もあれば、故人の祥月命日に供養したり、回忌供養を行なったりする場合もあります。

どんな供養をしてくれるのか、事前に確認しておくことが大切です。

供養を契約した期間が長くても、たとえば霊園が倒産してしまったり、寺院が廃寺になったりする可能性があります。
また子孫が檀家をやめると、供養もされなくなるケースがあります。

永代供養にしているから絶対安心ということはありません。しかし、どのような墓であろうと千年も万年も経てば土に還るのは自然なことです。人智の及ばない先のことを心配するよりも、想像できる範囲の未来に備えるという意味で、永代供養は十分に意義のあることと言えるでしょう。